越中立山 風土舎

光  風  水  土 


 

「人間は一生のうち会うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅過ぎない時に―。
縁は求めざるには生ぜず。
内に求める心なくんば、たとえその人の面前にありとも、ついに縁を生ずるに至らずと知るべし」 
                    森 信三

「ヨーガの仕方を正確に覚えて、それを毎日一定の時間やる。毎日毎日やっていると、心の中に何となく底の方から喜びが湧いてくるんです。身体が丈夫になるし、身体と心がきちっと調ってくると、何とも言いようのない喜びが湧いてきます。その喜びは、始めはちょっとだが、だんだん強くなって、だんだん長く続くようになる。精神が非常に明るくなり、しかも軽くなってくる。心の中がうれしくてどうにもならない。顔がほころび、ゆるんできて、もうどうにも止めることのできない喜びが出てきて、だんだん強くなってくる。」   佐保田 鶴治

CL教育 三つのポイント
・事実を受け入れる
・目標を知る
・なすべきことをする


「幸せは
思い出の中にあります
思い出の中にあるものは
人と結んだ縁です
幸せは
人と人の仲にあります」
         玉井 袈裟男


塩尻市片丘常光寺の「懺悔懈怠」



風土舎宣言   玉井 袈裟男

「風土舎設立宣言」

風土という言葉があります
大地の表面と

大地の底面の接するところ

我等の眼前に現存する接触面

あるのに呼ぶべき名前がない

『そこを風土と名づけよう』

三澤勝衛はいった

 

そこに

大地でもなく

大気でもなく

第三の存在が生ずる

生物

人類をも生み出した生命

それは風土の表現型

さしずめ風土計といってよい

三澤勝衛はいった

 

人も

人の食べものも

ともに風土の産物

身土不二

 

風土を見つめよ

風土を考えよ

風土を活かせ

風土に生きよ

 

自然に善悪なし

泣かされているものにこそ

活かすべき何かがあると考えよ

寒さに泣くものは寒さを活かせ

暑さに泣くものは暑さを活かせ

鍬の刃を欠いて泣かされる石礫でさえ

ことさらに甘い葡萄が育てるものを

 

見つめよ

凝視せよ

大地と大気の接触面

よく見れば

方寸の土地といえども

全世界

全宇宙に及ぶ

三澤勝衛はいった

 
中津川 博石館の「風土舎創立宣言」

風土という言葉があります

 

動くものと動かないもの

風と土

人にも風の性と土の性がある

 

風は

遠くから理想を含んでやってくるもの

土は

そこにあった生命を生み出して育むもの

 

君 風性の人ならば

土を求めて吹く風になれ

君が土性の人ならば

   風を呼びこむ土になれ

 

土は風の軽さを嗤い

風は土の重さを蔑む

愚かなことだ

愛し合う男と女のように

風は軽く涼やかに

土は重く温かく

和して文化を生むものを

三澤勝衛の弟子は歌う

 

自由を求める風の魂

魂をつまむ土の力

魂を耕せばカルチャー

土を耕せばアグリカルチャー

 

理想を求める風性の人

現実に根を張る土性の人

集って風土の文化を生もうとする

 

ここに『風土舎』の創立を宣言する
        一九九〇年三月三日

              玉井袈裟男
    「風土舎」玉井袈裟男著より


小谷村北小谷横川植林地の「自然道場序章」

平成30年 
 プレ15周年 3月例会のご案内

講師 木元正均さん (姫路市在住)
演題 「〜お母さん生んでくれて
ありがとう〜 エベレストに懸けた夢」
日時 3月17日(土) 午後3時開始
会場 越中立山風土舎
(富山市文珠寺)
会費 2,800円(茶話会込み)
講師紹介
 木元正均(きもと・まさひと)さんは、昭和30年中国吉林省龍井市生まれ。小学生の時、文化大革命の激しい洗礼を受ける。吉林大学と同大学大学院で日本語を専攻し、大連外国語大学日本語学部の専任講師となる。平成3年8月姫路独協大学に留学。その後、日本語学校副校長、アメリカ留学等を経て、日本国籍取得。縁あって姫路で起業。平成十九年から登山を始められ、二年半で百名山踏破、なんと四年後にはエベレスト登頂。現在は会社経営と共に、講演活動もされている。負の生い立ちを克服し、天国に一番近いエベレスト山頂で天国の母に叫ぶ、それを実現。


平成30年養心の会金沢

 15周年記念例会のご案内
講師と演題
   神渡良平先生(伝記作家)
         http://kamiwatari.jp/
「天命について
 --天の導きと人間の使命」   栗本藤基先生
   (滋賀病院院長)
      http://www.shigasato.or.jp/index.htm
「終生の師 玉井袈裟男」

月日 5月26日(土)午後
会場 氷見 九殿浜温泉
   ひみのはな
時間 午後1時30分開始
会費 講演会  4,000円
   講演、懇親会、宿泊込
       16,000円

ひみのはな 正面玄関
 
  九殿浜休憩所(大境洞窟)から富山湾を望む
先行予約受付中


10月例会から

講師 西村徹先生(小学校教諭)
演題 東井義雄先生からの学び

西村先生の実践を通して語られる、「一番より尊いビリがある」、「いのちの教育」をお聴きしながら、お会いしたことはなかったのですが、目の前で東井先生が語られているように感じました。
  東井先生が八鹿小学校での晩年の八年間で送り出した約千人の卒業生全員が、恐らく校長先生の名を忘れていないだろうとの話には、驚きと共に改めて東井先生の日々の実践のすごさに感動しました。その一人一人を知っていて書いていたという卒業生一人一人へのそれぞれ違う言葉の色紙を遺されていて、西村先生が新任教師時代に先輩からの勧めで、それをまとめられたそうです。
  決して優等生でもなかった(西村先生曰く)という西村先生が、小学校教師となって、東井義雄先生のことを伝えられているというのも、やはりその時その時の出逢いが西村先生を導いてこられたのだ思いますが、やはり西村先生自身の素早い行動が、そのご縁を紡いでこられたと確信しました。

9月例会から

初めての金沢CL読書会との合同実施
演題 「師との出逢い 生活・行動の大転換」
講師 樋口順三さん(不動産会社経営)


9月度金沢CL読書会、養心の会、初めての合同企画にご参加いただきありがとうございます。
 毎月の読書会に参加されている樋口順三さんのお話をお聞きし、森信三先生の出逢いの言葉が浮かびました。「縁は求めざるには生ぜず…」そして、その縁から自ら実践し継続されておられる知行合一の樋口さんに敬服すると共に、毎月共に学ばせていただいていることに改めて感謝いたします。
 鍵山秀三郎さん、寺田一清さんそして甲田光雄さんとの出逢いから行動の変化について具体的に伺い、人との出逢いが人生を変えていくその瞬間の貴重な話を聞くことができました。樋口順三 さんありがとうございます。また機会をみて、パート2として続きのお話をお願いいたします。

講師紹介 樋口順三さん
 名古屋立腰読書会、金沢CL読書会には草創期から毎月大阪から車で日帰り参加 森信三先生の全一学を体験的に学ばれている。金沢に来られる際には、高島市の
藤樹記念館、安曇川図書館に寄られて、図書のコピー、借出しをされている。
 西成区愛隣会館で毎月1回約800食のカレーライスの炊き出しを20年間継続されている。下記ブログ参照
https://ameblo.jp/takidashi-shihankai/


養心の会 5月例会から
「自分の花を咲かせよう
  祈りの詩人 坂村真民の風光」
講師 神渡良平 
     

 今回の会場は、15周年記念読書会の会場、金沢キッチン。和室で座卓を囲んで、神渡先生の生の声でお話いただきました。樹々に囲まれた座敷の会場。

演題を書名にした新刊がPHP出版から発刊された直後の講演。取材を通しての感動が会場を包み込みました。

真民先生の生涯と彼の詩と出逢い、励まされそして救われた方々の話と神渡先生の詠まれる真民先生の詩とが共鳴し、鶯の詩が詠まれた際には裏山からその鳴き声が会場に響き、真民先生が一緒におられるようにも感じました。

また、参加者の中に聖光学院を見学予定の高校野球部の監督が偶々おられました。「出逢いは必然」を感じる瞬間でした。

 里山(奥山)金沢キッチンは市街地と日本海を見渡せる高台の絶景地。野菜ソムリエが解説する料理教室、週末カフェ他、戸室石を活用したイベントも随時実施されています。

金沢CL読書会
テキスト 森信三 「修身教授録」
次月以降の予定は以下の通りです
 会場は石川県女性センター2階研修室
 時間は午後1時半開始


 12月 2日(土) 会場は小矢部市斉藤商店 
  第20講「雑話」
平成30年 1月6日(土) 
  第21講「血・育ち・教え」
  会場は金沢勤労者プラザ

■15周年記念読書会 4月8日(土)
 内容 第12講「捨欲即大欲」 
 会場 金沢キッチン
多数のご参加、ありがとうございます。