越中立山 風土舎

光  風  水  土 


 

「人間は一生のうち会うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅過ぎない時に―。
縁は求めざるには生ぜず。
内に求める心なくんば、たとえその人の面前にありとも、ついに縁を生ずるに至らずと知るべし」 
                    森 信三

「ヨーガの仕方を正確に覚えて、それを毎日一定の時間やる。毎日毎日やっていると、心の中に何となく底の方から喜びが湧いてくるんです。身体が丈夫になるし、身体と心がきちっと調ってくると、何とも言いようのない喜びが湧いてきます。その喜びは、始めはちょっとだが、だんだん強くなって、だんだん長く続くようになる。精神が非常に明るくなり、しかも軽くなってくる。心の中がうれしくてどうにもならない。顔がほころび、ゆるんできて、もうどうにも止めることのできない喜びが出てきて、だんだん強くなってくる。」   佐保田 鶴治

CL教育 三つのポイント
・事実を受け入れる
・目標を知る
・なすべきことをする


「幸せは
思い出の中にあります
思い出の中にあるものは
人と結んだ縁です
幸せは
人と人の仲にあります」
         玉井 袈裟男


塩尻市片丘常光寺の石碑「懺悔懈怠」


風土舎宣言   玉井 袈裟男

「風土舎設立宣言」

風土という言葉があります
大地の表面と

大地の底面の接するところ

我等の眼前に現存する接触面

あるのに呼ぶべき名前がない

『そこを風土と名づけよう』

三澤勝衛はいった

 

そこに

大地でもなく

大気でもなく

第三の存在が生ずる

生物

人類をも生み出した生命

それは風土の表現型

さしずめ風土計といってよい

三澤勝衛はいった

 

人も

人の食べものも

ともに風土の産物

身土不二

 

風土を見つめよ

風土を考えよ

風土を活かせ

風土に生きよ

 

自然に善悪なし

泣かされているものにこそ

活かすべき何かがあると考えよ

寒さに泣くものは寒さを活かせ

暑さに泣くものは暑さを活かせ

鍬の刃を欠いて泣かされる石礫でさえ

ことさらに甘い葡萄が育てるものを

 

見つめよ

凝視せよ

大地と大気の接触面

よく見れば

方寸の土地といえども

全世界

全宇宙に及ぶ

三澤勝衛はいった

 

風土という言葉があります

 

動くものと動かないもの

風と土

人にも風の性と土の性がある

 

風は

遠くから理想を含んでやってくるもの

土は

そこにあった生命を生み出して育むもの

 

君 風性の人ならば

土を求めて吹く風になれ

君が土性の人ならば

   風を呼びこむ土になれ

 

土は風の軽さを嗤い

風は土の重さを蔑む

愚かなことだ

愛し合う男と女のように

風は軽く涼やかに

土は重く温かく

和して文化を生むものを

三澤勝衛の弟子は歌う

 

自由を求める風の魂

魂をつまむ土の力

魂を耕せばカルチャー

土を耕せばアグリカルチャー

 

理想を求める風性の人

現実に根を張る土性の人

集って風土の文化を生もうとする

 

ここに『風土舎』の創立を宣言する
        一九九〇年三月三日

              玉井袈裟男
    「風土舎」玉井袈裟男著より


5月例会のご案内
日時 5月27日(土) 
  受付・書籍販売 午後2時から

講演 午後3時開始
講師 神渡良平さん
演題
「自分の花を咲かせよう
  祈りの詩人 坂村真民の風光」

5月末に坂村真民さんのことを書かれた
新刊が出版されます。今回はその坂村
真民さんのお話を聞かせていただきます。
「念ずれば花開く」、真民さんのことは、
坂村真民記念館のホームページをどうぞ
ご参照ください。
http://www.shinmin-museum.jp/about/
※神渡良平さんのプロフィールは、右記
リンクからホームページをご参照ください。

懇親会 午後5時開始

会場 講演会、懇親会いずれも
 金沢キッチン(金沢市清水町)
 http://www.kanazawa-k.net/

会費  講演会 3,000円
     懇親会 4,000円



養心の会 2月例会から
「やさしいヨーガ体験 
体和らぎ・神経寛ぎ・心安らぐ
 〜調身・調息・調心〜」
講師 東井晃一 
(日本ヨーガ道友会認定講師)

 
今回は、私の講師初体験、多数のご参加ありがとうございます。ヨーガの解説も入れながら、基本となる六パターン(今回は五パターン)のアーサナと呼吸法、瞑想法の紹介をさせていただきました。年齢、性別関係なく老若男女誰でも何時からでも始められるヨーガは、とてもいい健康法です。自分に「ちょうど」。気持ちいいから始めて、自分の身体との対話をしていきましょう。

 体の硬い人は、血管も硬い、生活習慣病の代表でもある心筋梗塞になった私が正にそうです。「体やわらぎ、神経くつろぎ、心やすらぐ」ヨーガを仲間と一緒に楽しみながらコツコツやっていきましょう。



金沢CL読書会
■15周年記念読書会 4月8日(土)
 内容 第12講「捨欲即大欲」 
 会場 金沢キッチン
多数のご参加、ありがとうございます。

      
次月以降の予定は以下の通りです。
5月13日(土)第13講「使命の道」
 会場 石川県女性センター
6月 3日(土)第14講「真実の生活」
 会場 石川県女性センター
7月 1日(土)第15講「諸君らの将来」 
 会場 越中立山風土舎



12月例会のご案内 合同忘年会から


今年も斉藤商店で年末最後の読書会、忘年会を無事開催することができました。どうしても外せない都合で、毎年大阪から参加しているお二人がどうしても外せない都合でお休みとなりましたが、愛知県からお一人、珠洲からお二人と遠方からの参加者と大いににぎわいました。宿泊が六名と最高の人数となり、夜遅くまで語り合いました。後半では三名が朝鮮語の会話の始まるハプニングもあり、私の学生時代の友人にメールをすると、今はソウルにいるとのこと。朝鮮半島とのつながりの深さを実感、新年も大いに学びがいのある読書会につながる楽しい時間でした。

養心の会 十一月例会から 

高岡関野神社 朝粥講 二上山散策
  
天気だけが心配の種でしたが、この土日だけがすっきりと晴れ渡り、風もなく絶好の散策日和となりました。朝七時半からの関野神社拝殿は身体が引き締まる冷えでしたが、大型ストーブが身体を温かく包み込んでくれました。酒井宮司さまと共に祈りのことばを唱え、榊奉納の後、広間で温かいお粥さんを大型の輪島漆器でいただきました。身体の中から温まってきました。

また、食事の後には、十二月には能登で実施され神事、
「あえのこと」の紙芝居も見せていただきました。

その後、二上山の麓に移動し二七四メートルの頂上を目指します。途中、紅葉の木々の合間から富山湾、立山連峰が見渡され、初冬の陽ざしがやさしく感じました。ベンチと展望台のある、悪王寺社では酒井宮司さまと共にお参りし、ほどなく頂上に到着。好天に誘われて、何人もの方々が次々と登ってきていました。高岡の守り神にも思える二上山は、往復一時間半ほどあれば、ゆっくりとハイキングできます。車でもドライブできる山ですが、所々にある歌碑なども詠みながら、歩くことで万葉の歴史をより感じることができるでしょう。


8月例会から
「〜ちょうどでコツコツ〜 
  ヨーガで健康寿命アップ」
講師 倉本英雄先生 
     香川ヨーガ道友会会長
    (兼任 日本ヨーガ道友協会会長)


私も昔はそうでしたが、ヨガといわれると、あのゴムのような身体がグニャグニャとキテレツなポーズが思い浮かべるかもしれませんが、そんなポーズが目的ではありません。また、モデルさんのようなきれいなポーズができなくても、一人ひとり自分にちょうどの体位で、同じ効果が得られます。

ヨーガは三調、身・息・心を調えるもの、 スポーツと違って鍛えるのでもありません。伸張と弛緩で、「身体和らぎ、神経寛ぎ、心安らぐ」のがヨーガ。老若男女始めるのは「今」ですよ。

疲れない身体にするのもヨーガ、それは 細胞の中のエネルギー生産基地、ミトコンドリアでエネルギーに変えて蓄積してくれるから。一般のスポーツ、運動のエネルギー消費とは対極にあります。

老化の一つに、そのミトコンドリアの減少があります。減少を防ぐために役立つ具体的な身体の仕組みや若く保つための呼吸、体操の仕方、その効果の話も交えながらの九十分でした。最後のところでは、最近話題のオキシトシンがいっぱい出てくる「ハグ効果」についても話されました。抱く人がいない、大丈夫です、一人ハグでも効果は同じですよと。

香川ヨーガ道友会は今年四十周年、佐保田鶴治先生に約束された人口の1%の人がヨーガをやるようになった香川県、西日本中心にしながらじわじわと各地に広がっています。富山も地道にやっていきます。

人は誰でも、健康で長生きしたいと願っています。願うだけで、叶うなら容易いかもしれませんが、現実はそんなに甘くはありません。日々の仕事、食事、運動、そして心の状態が私たちの身体、生命に様々な影響を与えています。これは、最新の研究成果で明らかにされています。


6月例会から

木に学び、山に学び、山を育てる          ―これからの林業はおもしろい―
講師 赤野菊生さん (糸魚川市大神堂)
   (有)赤野特殊伐採代表 樹木伐採売買業
今回の話は、自分の携わる林業についての現状と課題そしてこれからということに語っていただいた。山の木を見て、生きている、死んでいる、境界線上と手入れのしてある山とそうでない山が一目瞭然に分かる。日差し、土地と傾斜等その土地にあった木を植え、育てることの大切さ、そして何よりも適切な手入れをすることの大切さを語っておられました。
身についた自然からの知恵とそれを確証、補完する昨今の山、木、自然、漢学、歴史書、民俗学等の書からも学ばれている。読書量も半端でない。一燈塾も、もちろんそこから学ばれた言葉。

一燈塾(糸魚川市大神堂)林業コースは毎月第三土・日曜日に実施。




一燈塾

金沢キッチン

雪割窯